T’s STORY 10周年

T’s ストーリーがスタートして丸10年になりました。
10年前、専業主婦であった私は、「これから私はどのように生きていこうか?」とずっと考えている中で、5月 22日に私の将来の目的をしっかり決めることができました。そうしたら3日後の5月25日に某カメラマンと出会い、翌日26日には現在営業しているT’sレストランの物件と、28日には内装業者の方と、29日にはLuz自由が丘のオーナーとお会いすることになりました。なんとたった1週間で『T’s レストラン』のひな形が出来上がりました。

今になって振り返ると「普通の流れではなかったな、普通ではないようなことをよくやってこられたな!」と思います。詳しいことについては、今までのT’s ストーリーを読んでいただくことにして、T’s ストーリー10周年を迎えた今日この日に、『T’sレストラン』がどのようなことを大事にして歩んできたのか、もう一度振り返りたいと思います。
 

目的と結果
  • 健康が何よりも一番大切!「食」を通して健康の大切さを伝えたい!
    植物性食材だけで、自分が食べたいものをお店で美味しく作れれば、健康的な生活が送れる
コンセプト
  • 野菜と大豆ミートの植物性食材だけで作られたお料理を美味しく楽しく召し上がっていただく…《スマイルベジ》
  • カラダにやさしく、美味しい料理
  • 食の背景を考えずに、どんな方とも同じテーブルで一緒に美味しく楽しく食べられる料理
T’s の意味
  • ‪「‬T」‬から始まる言葉が多い
  • 太陽(Taiyo)・土(Tuti)・地球(Tikyu)
    太陽の恵みで野菜ができる、土の中に野菜、地球に私たちが存在
  • 丁寧(Teinei)に、手作り(Tedukuri)で、手間(Tema)暇かけて、テイスト(Taste)にこだわる
  • ‪「‬食べる(Taberu)」‬だけではなく、「つながり(Tunagari)」「友達(Tomodati)」「楽しい(Tanoshii)」 東京駅(Tokyo)・担々麺(Tantan-men)

 

『T’s レストラン』が大事にしている考え方
  1. 健康
    どんな人にとっても、まずは「健康」であることが大事です。自分自身が健康であることで、仕事ができ、人との交わりが楽しくなります。 自分自身が毎日楽しい!嬉しい!幸せ!と思って過ごすためには、なんといっても、まずは自分自身が心もカラダも健康であることが大切です。
  2. 快適空間
    ひとり一人が快適であることでそれぞれの仕事が快適に進み、結果的にお店も快適になります。ひとりひとりが快適であるために、健康であることはもちろん、身の回りをいつも整理整頓し、片付けや掃除を心掛けることが大切です。
  3. 単純にする
    快適に行動するためには、どんなことでも単純にできることが大切です。複雑にしてしまうと混乱が起きて、不快な気持ちになってしまいます。物事をシンプルにわかりやすくしておくことが快適を生む秘訣です。
  4. ‪「‬今」‬が一番大事
    T’s ストーリーがスタートした時から、常に「今」を大事にして過ごしてきました。目の前で起きたこと、耳にしたことで、これは、プラスだ!と判断したら、「これをやったほうがいいんだな!」と判断して、不安や心配をしないで、前へ突き進んできました。「チャンスを逃さない!」という生き方を常にしてきました。それによって、すべて形になり、「今」になっています。

  5. 自分を大事にする!
    この言葉を『T’s レストラン』のお客様にお話する機会がよくあります。そのたびに、沢山の人から、「心に響きました!」とか、「自分を大事にしていいんですね?」とか、「涙が出てきました!」とか、「今まで自分をないがしろにしていることに気が付きました!」・・・などの感想をいただきました。大前提として、自分を大事にできるのは、「自分」だけなんだ!ということ。自分を大事にして、自分自身が万全な状態であって初めて、家族をはじめ、周りにいる人のこと、仕事関係、お店の事ができるんだと思います。勉強することも自分のため!仕事をするのも自分のため!
    これを常に意識していることで、結果が違ってきます!毎日、自分自身を成長させていくことが出来ます。
  6. 大は小の集合体
    T’s ストーリーが起きて10年を振り返ったとき、よくここまでこれたなぁ・・・と思いますが、いつも思っていたのは、「大は小の集合体」という考え方です。いきなり大きなことをやることは大変です。小さなことを大事にして、コツコツやっていく!それが積み重なって、だんだんと大きな輪を作れるようになってきました。
  7. 失敗した時の考え方
    誰もが失敗をしたくないし、失敗した時にはそれを周りの人に知られたくないですね。
    でも、その失敗を思い切って周りの人に知らせてみましょう。それによって、このことを聞いた人はそういうこともあるから気を付けよう!と改めて意識し、自分のマイナスが自分自身やみんなのプラスになっていきます。また、こういうことが起きてしまったと伝えるだけではなく、こうならないようにどうしたらいいか!という先のこと、まさにプラスになる結果をイメージしていくことが大事ですね。
  8. 楽しさ、喜び、感謝
    毎日の自分自身の心、気持ちの中で、胸が温かくなったり、嬉しくなってウキウキしたり、美味しいものを食べて自然と笑顔が出ているときは、幸せな気持ちになっているときですね。そういう一瞬一瞬が毎日たくさん味わえていたら、とっても幸せなことです。小さなことに喜び、そして喜ぶことで楽しい気持ちになり、こうなったことへの感謝の気持ちが自然と出てくると思います。人として大事なことは、「喜び、感謝の気持ちを持つこと」だと最近思うことが多いです。
  9. プラス or マイナス で考える
    いろいろな場面で自分自身の行動を考えると、好き嫌いで物事を選ぶこと、考えることが多いと思いま す。子供の時から食べるものも、洋服選びも好きか嫌いで、選んでいますね。 それが今に繋がっていることって多くありませんか?もちろん色の好みなどもありますが、いつも、「プラスかマイナスか!得か損か!」を基準にして考えると、行動が変わります。 どんな場面でも、目的をしっかり見つめて、プラス、得になる事を選択できる自分になりましょう。
  10. 目的 過程 結果
    毎日の生活、自分自身の行動を見直しますと、目の前にある事、やらなければならないことを一つ一つ消化するために行動することが多いです。でもよくよく考えると、全部に何かをするための目的があるんですね。自分は何のためにこれをやるのか?と目的を考えると、その目的に向かって行動することができるので、同じ行動していても、気持ちが変わります。結果に表れるのも早いです。いつも、しっかりと目的意識を持ち、同時に「こういう結果になったらいいな!こんな感じを目指そう!」と具体的に結果を想像・イメージすることで、途中経過の気持ちや手順も変わり、速度も増して、結果(形)になる事が早いです。どんな場合も、「結果で判断!」です。結果が全てです。結果で評価される時代です。いつも自分自身がここにたどり着いたらいいな!ということを意識しながら、毎日楽しんで行動をしていきましょう。
  11. 言葉 行動
    心で思っていれば相手に通じる!と言われて育ちましたが、今私が実感していることは、心で思ったことは、言葉にし、行動に移さないと相手には通じないということです。「自分の想いは言葉に出して伝える!行動に移す!」ということが大事です。
  12. 自分が変わる
    令和の時代になりました。時代も変わりました。そのとき、そのときに合わせて、プラスになる事をやったほうがいいですね。今までやってきた自分の行動をちょっと変えるだけで、結果が変わることがあります。私は自分の主義を強く持つのではなく、いつもその時の状況に応じてプラスを選んでいけるようにしてきました。

 

最後に

T’s ストーリーが起きてこの10年間、いつも周りの人に助けられ、素敵なお客さまとの出会いがあり、この日を迎えることができました。全ての方に心から感謝します。これからもどんな出会いがあって、どんなことが起きるのかわかりませんが、軸をしっかり持って、プラスを選びながら楽しみながら前進していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします!