『T’sレストラン』のストーリーが誕生して丸6年が経ちました。

私は、2009年5月24日までは普通の専業主婦でした。子育てが生きがいの私にも、そろそろ自分の今後の生き方を考えなければいけない時期になりました。何をしたらいいのかわからず、これから自分は何をするために生きていくのかという目的についてまず考えました。

誰にとっても【健康】であることが一番幸せなことです。それは誰もが頭では分かっていることです。ある時、健康を維持することを考えた時、「睡眠」「食事」「排泄」が大事であることを教えていただきました。

私は、「食事」を通して、健康の大切さを伝える何かをしたい!
それが私の今後の生きていく上での目的だ!
「お肉・魚介類・乳製品・卵という動物性食材を一切使わず、だれもが食べれるお料理を作ろう! 」と5月22日に思いました。
そうしたら、なんと、5月25日から、何が起きたかわからないようなストーリーがスタートしたのです。
 
メニューも何も決まっていなかったのに4か月後の9月25日に『T’sレストラン』というお店ができてしまったのです。
お肉・魚介類・乳製品・卵という動物性食材を一切使わず、だれもが食べることのできるお料理を作ろう!しかも「美味しさ」が大事!
健康にいいからと言っても美味しさがなかったら、長続きしない。
見た目もきれいに、食べた時に「美味しい!」という感動を持ちながら食べられるお料理にしよう!と心にしっかり決めたら、ある時からどんどんとメニューが完成していったのです。
合言葉は「美味しさ!」。
試行錯誤して美味しいものができるまでは妥協しない!という気持ちで作りました。
普通のカレーは、食べた時は、確かに美味しいです!
でもお皿やお鍋を洗う時に思うことは、洗剤がついていてもスポンジはベトベトになります。
それが、『T’sレストラン』で作ったカレーは、お皿やお鍋を洗う時に、スポンジに洗剤を使わなくても、お湯でさっと流れるように落ちるのですね。それにはびっくりしました。そして、私たちの体の中も、カレーのお鍋と同じ!
きっと体の中はベトベトしないできれいなんだろうな!と思いました。
植物性食材でできたものを食べると、翌日体の中がラクであることを実感します。カラダがまさに喜んでいるんだと思います。