『T’sレストラン』の誕生秘話・・・。
第2回では運命の2009年5月25日に関してお伝えしました。(まだ読んでいない方は是非読んでくださいね)第3回は、2009年5月26日のお話です!
午前中用事で出かけ、1時過ぎに東横線で自由ヶ丘に戻った時、ふと思ったのです。「不動産屋さんをのぞいて、どんな情報があるか見てみようかな。せっかく昨日(25日)カメラマンAさんとK子さんと素敵な出会いで盛り上がるお話ができたのだから!」 と。
自由ヶ丘の正面口に出て、不動産屋さんの看板を目当てに歩き始めました。
そうしたら、8階建てのビルがほとんど完成されている状態(まだブルーシートがかかっていましたが)で目に飛び込んできました。ずっと工事中だった大きなビルです。
「もうすぐオープンするのかな。こういうビルにはどんなお店が入るのだろう?…」と気になりました。普段ならば、思うだけで終わってしまうのですが、前日にお店への夢が膨らんでいたばかり。少しずつでもお店の情報を知っておきたいなと思い、そばに表示されていた電話番号に電話をかけてみたのです。
「少しお尋ねしたいのですが、このビルにはどんな種類のお店が入るのですか?」
「お店の関係の方ですか?どのようなお店をなさる予定ですか?」と。
「エッ、はい・・・。菜食系のナチュラルレストランですが…。」
「それはいいですね。すべて入店候補は決まっていたのですが、ちょっと色々ありまして、一区画だけ候補を最終検討しています。もしよろしかったらお話しましょうか、2時間後の3時30分、現地でお会いしませんか?」
どういうこと!?
もうびっくりです!
ただ情報を知りたいだけで、電話をしたのに!!
メニューはコツコツと開発しているものの、まだいろんなことが形になっていない状況なのに!
こんなすごく素敵なビルに、ひょっとしてお店が?
・・・いやいや、そんなことあるわけない。
でも、見てみたいな・・・。
信じられないような展開に驚きつつも、3時30分にLuz自由が丘の前に行きました。
そして、新規開店するお店のお世話をしてくれる会社のK社長と初めてお会いし、お店が入る予定の場所(今のT’sレストランの場所)を見せてもらいました。
コンクリートだけの打ちっぱなしの長方形の箱です。
間もなくビルが完成という状況で、色々な工事関係者が動きまわっていました。
6月になったら、各テナントさんに引き渡し、それぞれのお店で、内装に取り掛かるという最後の仕上げの状態の時です。
お店の広さにびっくり!
私は、こんな素敵な場所にお店の候補地が現実に出るなんて思ってもいなかったし。
私の計画もまだまだ夢の段階であって、細かいことが決まっているわけではないのに、これが現実の話になるの?
いやいや、まだこれは話の段階だし・・・。
頭の中にいろんなことが駆け巡って、何だかまるでドラマの世界にいるようでした。
K社長は大変良い方で、私の話を笑顔で聞いてくださいました。
そんなこともあり、私は夢中で夢のレストランについて話をしました。
すると、K社長も「健康的ですネ。これからの時代にすごく合っていて、良いじゃないですか!」
と乗り気になってくださいました。
とはいっても、Luz自由が丘のグランドオープンは7月17日とのこと。
既に5月下旬。あと1ヵ月半しかなく、どんなに頑張っても、7月17日にオープンできるはずがありません!
せっかくのすごい話だけれど、やはり夢。
無理かなぁ…と思いました。
その時、K社長が「大丈夫。【COMING SOON】ということで、お店のオープン時期は延ばせるでしょう!」
とおっしゃって下さいました。
こうして、「5月26日」?T’sレストランの場所となるLuz自由が丘と出会ったわけなのです。
夢が広がった5月25日も興奮していましたが、この26日は夢がもっと現実味を帯びてきて、あまりの興奮に、
本当に現実の話?
こんなことってありえるのかな?
夜寝たら消えてしまうのでは?
寝てしまうのがもったいない!!
そんな思いの繰り返しでした。
普通なら、様々な情報を集めて物件を探し、決定するまでにたくさんの時間がかかると思います。念入りに調査をしなくてはいけないし、気になる物件を見に行っても、実際にはどこか問題があってダメになることも多いはずです。
それが今回は
ただ「どんなお店が入るのかな?」という思いで気軽に聞いてみたのに、数時間のうちに夢がいきなり現実に変わったのです。現実の第一歩が始まったのです。「そんな話ってありえない!」という感じです。
ちょうどお店がオープンして丸半年になる今日3月25日にこのお話ができるのも、「面白いな!」と思います。
第2回、第3回と長文のストーリーが続きますが、実は中身は1日ずつの話。どれだけ濃い日を過ごしていたか、お分かりでしょう。
まだまだ続きます。
お楽しみに!!